都の鬼門を封鎖せよ!

風水では、北東(丑寅:うしとら)の方角は陰と陽の境目にあたるため、気が不安定だと考えられている。だから、鬼が出入りする方角を鬼門として忌み嫌うようになったのだ。

京都御所の北東角にある猿ヶ辻

ここは京都御所の北東角にある猿ヶ辻である。
幕末、1人の公家が暗殺された「猿ヶ辻の変」で知られる場所だ。

鬼門の方角にあたるため、築地塀を内側に切り込んで角を取り払う
「鬼門封じ」が施してある。これは平安時代では最先端の防衛システムなのである。

京都御所

さらに屋根裏には木彫りの猿が鎮座する。御幣(ごへい)を手に持ち、頭に烏帽子(えぼし)をかぶっている。

猿は災いが“サル”に通じることから、災難を追い払う、神の使者
として祀られているのだ。また丑寅の裏鬼門にあたる南西の方角が申(さる)であることから、鬼の侵入を防ぐ役割があるとも考えられていた。

京都御所

ところで、ぼくたちは鬼と聞いてどんな姿を思い浮かべるだろうか?
頭に角を生やし、口には鋭い牙、体は筋骨隆々、トラの毛皮を腰に
巻いた格好で、いかにもコワモテな人相を想像する人が多いのでは
ないだろうか。

これは鬼門が丑寅の方角であるため、いつのまにか牛(丑)と虎の
イメージが合体してできたと考えられている。
ちなみに、ぼくは鬼といえば『うる星やつら』のラムちゃんが真っ先に頭に浮かんだのだが…。(注:正確にいえば彼女は宇宙人だ)

閑話休題。

平安京造営時、桓武天皇は都の北部から北東部にかけて国家鎮護を目的とした鬼門封じを何重にも張り巡らすことにした。代表的なものだけでも、鞍馬寺、貴船神社、上賀茂神社、下鴨神社、御霊神社、崇道神社、などが存在する。さらに都の裏鬼門にあたる南西に、城南宮や石清水八幡宮がある。

もちろんそれらの寺社は都が造営される以前に創建されてあったり、建立目的もそれぞれ違うのだが、遷都を機に鬼門封じとしての役割を新たに与えたのである。
しかし、より鬼門に近い場所で、確実に鬼の侵入を防がなければならない。

比叡山延暦寺

「あらゆる鬼たちと対峙できるのは、あの強力な霊域をおいて他にない」
そう信じた桓武天皇の眼は、おのずと比叡山へと向けられていた・・・。

次回、比叡山延暦寺。
鬼門封じの最前線にいま迫る!

写真と文 / 高橋友和

■京都御苑(京都御所)・・・
市営地下鉄丸太町駅下車 徒歩1分



拡大地図を表示w