ウォール街がポーカープレイヤーを募集している理由

ウォールストリートがポーカープレイヤーを求めている理由

1980年代以降、ウォールストリートは国内で最も人気の高い職を提供してきました。そしてこの世界で仕事につくのにはこれまで3通りの方法しかありませんでした。内部の人間とコネをつくる、高学歴を取得する、豊富なビジネス経験をもつ、の3つです。 しかし、ウォールストリートの企業はその後徐々に多種多様な資質を持つ人材を求めるようになっていきました。特にポーカースキルを持つ人間が求められているのです。コネや学歴(これらでは実務能力に関する予測がほとんどつかない)と違って、ポーカースキルはプレッシャーのもとで思考・行動できる能力を純粋に表すからです。 歴史的な類似性 ウォールストリートは、ポーカーのプロを積極的に採用しようとしていることを表明しました。ダノン社のトレーダー、ロビンソン氏は、「ポーカーのやり手であれば、このビジネスで成功する可能性は十分にある」と述べたことが報道されています。実際、ロビンソン氏は、 「ポーカーに興味がないのはウォールストリートジャーナルを読まないことと同じくらい『危険な兆候』だ」と述べています。また、ヘッジファンドの重役を務めるアーロン・ブラウン氏によると、ウォールストリートの取引は成熟しきっており、「人生のある時点で自分のお金を賭けたことがないようなら」もう金儲けは難しい状況だということです。リッチブレイク氏もやはり、2007年のABC ニュースの記事の中で、実体のない資産の駆け引きについて、「すすんでリスクを取る姿勢と巨額の金に対する冷静な考慮」によるものだと表現しています。 ギャンブルのスキルとトレーディング上の直感との類似性を見出したのは、現代のトレーダーたちが初めてではありません。マイケル・ルイス氏は1989年の名著「ライアーズ・ポーカー(Liar’s Poker)」の中で、ハウイー・ルービンについて書いています。ケミカルエンジニアとしての仕事に飽き飽きしたルービンは、2年間あちこちでカードカウンティングを学び、毎回3,000〜8,000円稼いでいました。その後ブラックジャック(カジノでは数少ない「運に左右されないゲーム」の一つ)でのスキルを活かして、ソロモン・ブラザーズの抵当証券取引部の初のトレーダーとなったのです。ルービンは「ソロモンブラザーズの証券取引部門はまるでカジノのようだった。リスクをとりながら様々な駆け引きにたいして賭けをしなければならなかったからね」と述べています。 ポーカーをテーマとしたトレ-ニングプログラム ウォールストリートの企業の中には、ポーカーをトレーニングプログラムに組み込んでいるところさえあります。フィラデルフィアを本拠地とするUSSサスケハナ・インターナショナルグループは、実際にホールデム・ポーカーやポーカー理論などのポーカー教本を必読書として出版しています。前者は1976年に出版された「Hold’em Poker’s First Definitive Work(ホールデム・ポーカーに関する初の決定版)」で、初心者にゲームの基礎を伝授することを目的としています。ポジションの重要性、主な「フロップ」、セミブラフ、フロップ前の戦略、フリーカード、ハンドリーディングといった内容が網羅されています。 一方ポーカー理論には、ポーカーの基本をさらに高度かつ知的に駆使する手法が解説されています。ポーカーのプロ、デイビッド・スキアンスキー氏が書いたこの本は、「ほぼ全種のポーカーゲームに適用できる理論と概念を説明」したものです。騙しの価値、心理分析、ヘッズアップ、暗黙の勝算、さらにゲーム理論まで、熱心なポーカープレイヤーのお眼鏡に合うような内容を網羅しています。また、基礎的なポーカー原理やそれがゲームプレイに与える影響についても書かれています。