楽しみましょ、色風水。

身の回りのものにはすべて色がありますね。そして、私たちは知らず知らずのうちにそれら色からも大きな影響を受けています。わかりやすくいえば、壁も天井も真っ赤な部屋で落ち着いて眠れますか?青色を眺めていると気分が落ち着いてきませんか?ピンク色をみるとなぜ、恋愛や恋などのことを連想するのでしょうか?っということです。色には運気=自分の気を高めてくれるパワーがあります。自分が望む気を高められる色をライフスタイルにうまくとりいれて、元気で心地よい毎日にしましょうよ!


ポイントは、偏った色の使い方をしないこと。


色風水を取り入れるときのポイントは、「バランスよく」ということが大切。その効果を願うあまり、ある特定の色ばかりを使うのは逆効果で、家の中や住む人の気の流れを乱す原因になってしまいます。もし、金運をあげたいからといって、部屋中のインテリアをすべて黄色になんてしたら、目が休まらずに落ち着かないですし、欲望の塊みたいな部屋で嫌ですよね。第一、そうすることで金運が上がるのなら、世の中の会社やオフィス、住まいなど全て黄色づくめで日本経済問題無し!ってことになっちゃいます。自分が「心地よい」ことがなによりも大切。全体のカラーバランスを考えながら、キーカラーを上手くアクセント的に取り入れて色風水を楽しんでください。

| 心身ともに元気になりたい!

太陽や火のパワーの「強い気」を持つ赤色。仕事や受験、ギャンブルなどここ一番の勝負で勝ちたいときに使いたい色です。

知識や権力を象徴する色でもあるので自分の力を周囲にアピールしたいときに用いるのも効果的。政治家がよく赤いネクタイをしているのもうなずけますね。 その他、代謝を促してくれる効果もあってダイエットアイテムにも赤色はおすすめ。 さらに、性的なパワーを高めてくれる効果もあるので、恋愛の大切なときやセクシーな印象を与えたい時、子宝に恵まれたいときなんかにもいいですね。ただし、「気」が強いので使いすぎるのは逆効果。「バランスよく」です。

| 集中力をつけたい!仕事で成功したい!

冷静に物事を判断したいとき、イライラ感を解消したいとき、集中力を養いたいときに使いたい色です。

青色はやる気を高めてくれる色なので子供部屋に取り入れて学習意欲を引き出す効果を狙うのもいいかもしれません。 また、安心や信頼をイメージさせる色でもあります。仕事や商談で成功を望むときなど、そういったイメージを相手に与えてくれる青色をシャツやネクタイなどに取り入れることがおすすめ。注意しないといけないのは、青色はクールな感じや冷たさを演出する色でもあるということ。インテリアに青色を多用するときは、女性の冷え性の方など要注意ですよ。

| 社交的に、おおらかになりたい!

心をおおらかにして人付き合いを良くしたい時や社交性をたかめて楽しい雰囲気を演出したいときに使いたい色です。

ご存知の通り風水では、黄色は金運を高める色として良く知られています。が、黄色を活用するだけで金運が上がればなにも苦労はいりません。西に黄色だけで金運・貯蓄運があがるというのなら、学校の義務教育に風水を取り入れるべきですよね。大切なのは黄色が与えてくるパワー・イメージをいかにライフスタイルにとりいれ、マインドをコントロールするかということ。黄色をみていると楽しさを感じさせてくれる事は事実。楽しくポジティブに物事に対峙するからこそ、人やお金が自分のまわりに集まってくるんじゃないでしょうか。でも、快楽的な楽しさだけを求めると、無駄な出費が増えるので要注意!?

| 穏やかに、健康的になりたい!

心身ともに健康になりたいとき、疲れを癒したいとき、穏やかでいたいときや安らぎたいときなどに使いたい色です。

緑のイメージはまさしく自然や植物。日頃のストレス解消のため休日に自然を求めて外出する人も多いはず。そう、緑色はまさしく、そのようなリラクゼーション・リフレッシュパワーをもたらしてくれます。プチ情報ですが、パソコンなどで 疲れ目のときなんかは遠くにある緑色の物を見るといいんですよ。 緑の持つ健康的な気のパワーは人間が毎日の生活でまとってしまう不快な気を浄化してくれます。健康的で円満な家庭にするために、リビングやダイニングなど家族が集う場所には、観葉植物やグリーン系のインテリアを率先して置くようにしたいですね。

| 気品や品格をもちたい!

気品や品格を身につけたいとき、自分を引き立たせたいときや高貴な雰囲気を醸し出したいときに使いたい色です。

紫は自分の品格をランクアップさせてくれる気の力があります。「紫色=高貴」の歴史は古く、平安時代、貴族階級に紫色が珍重されていたことや聖徳太子が制定した冠位十二階の最高位の色が紫と定められていた事をご存知の方も多いでしょう。 また、紫色と品格の結びつきも面白いものがありますね。ファッションにアクセント的に取り入れられた紫は品を感じますが、紫づくめの、特に濃い紫のファッションには下品さを感じてしまいます。紫色は内外ともに与える気のパワーが創造以上に強いので、多様しすぎて、気品を通り越して、近寄り難い、敬遠されてしまうなんてことがないようにしてくださいね。

| 愛を育みたい!魅力を高めたい!

恋人や夫婦の愛情を育みたいとき、女性としての可愛らしさや魅力を高めたときに使いたい色です。

桃色から受けるイメージは、愛だったり、恋だったりという人がほとんどだと思います。そんなイメージを誰にでも与えてくれる色だからこそ、桃色は恋愛や結婚の気を高めてくれるんですね。 そして、男性がピンク色に弱いのも事実。男性ってピンク色の物をみると、なんかフラフラそわそわしてないですか? 妙に優しさをだしたりとか。ピンクのスーツを着た女性と紺のスーツを着た女性が仕事で同じ失敗をしたとしてもピンクのスーツを着た女性の方が男性上司にすんなり許してもらえそう。みたいな。彼氏とケンカして仲直りしたいときは、ピンクの口紅をつけてみて。

| 陽気に明るくなりたい!

明るく、元気になりたいとき、人間関係を円滑にしたいときや、ポジティブになりたいときなどおすすめの色です。

陽気で明るく優しい印象を与えるオレンジは人間関係の気の交差において良い効果をもたらしてくれます。ですので、対人運を良くしたい人などは積極的に使ってほしい色。 また、躍動感をイメージさせるこの色はネガティブな気分のときなどにファッションとして取り入れると、元気が出てポジティブな気分になれたりします。家族や友達との会話を弾ませたければ、その部屋のインテリアにオレンジを取り入れて陽気な空間づくりを行って下さい。何事に対しても明るくポジティブに向き合えば自然と運気は上がっていくものです。

| 落ち着きたい!安心したい!

人間関係を良くしたいときや、安らぎや安心が欲しいとき、信頼を得たいときに使いたい色です。

茶色は土や大地をイメージさせてくれます。土から生まれ土に返る、食物連鎖の底辺をささえ生命の母胎とも言える大地の気を見る人に与えてくれるのです。 このブラウンの気は物事を安定させ、人と人の和をもたらしてくれるだけではなく、堅実さをアピールして信頼感を得る力もあるので仕事の面接や取引など話をまとめたいときにファッションやステーショナリーに取り入れるのもいいですよ。インテリアとして取り入れると気の流れが緩やかになって、安らぎ感や落ち着いた雰囲気をつくりだしてくれます。

| リフレッシュ、リセット、リスタートしたい!

気分転換を図りたいときや何かを新たに始めたいとき、やり直したいときに使いたい色です。

白色は他の色を混ぜ合わせてつくれる色ではありません。そして、どんな色にでもなれる色ですよね。言い換えれば、全ての色の元の色であり、どんな色にも力を与えてくれる色なんです。「白紙に戻す」なんて言葉がありますが、まさしく、白色は毎日の生活で乱れた気をリセットしてくれるパワーがあるんです。そして、上記に紹介している色と組み合わせる事でそれぞれの色の気をよりパワーアップさせてくれるんです。昨日あった嫌な事は忘れて、今日を清々しくスタートさせたい!白いアイテムやインテリアを目覚めた直後の生活空間に上手く取り入れたいですね。

| 各をあげたい!今の状態をキープしたい!

各を上げたイメージをまわりに与えたいときや、好調な状態であれば、それをキープしたいときなどに使いたい色。

黒色は、白色とは逆に全ての色を吸収できる色、含んでいる色なんです。言い換えれば、良い気も悪い気も溜め込むことができる力を持っているんです。ですから、使うタイミングがとても大事。最近不調だな〜。なんて思うときに黒色を多様してしまうと、その状態がずっと続いてしまうなんてことに。逆に好調であればその運気をキープすることができるんです。 勝敗を表す「黒星」などの言葉のイメージから、黒色を単にマイナスイメージとして捉える人が多いですが、そうではなく。マイナスにもプラスにもなる色だということを忘れないで下さい。結婚式にもお葬式にも着ていくことのできる礼服は黒色です。自分の状態を見極めて黒色を取り入れてください。