京都は日本屈指の風水都市なんですよ。

日本を代表する古都、京都。


平安建都から約1200年の時を経て今なお繁栄を続けているこの地。その歴史と都市の調和がとれた発展は、風水学における吉相の地であることを活かし、またその思想をもとに都づくりが行われたことに大きな要因があるといえます。
平安京は西暦794年、桓武天皇によって建都されました。桓武天皇は、はじめ長岡京に遷都しましたが順調に進まず、起死回生を計って、風水に最適の地であった山背国(やましろのくに:平安京命名の際に桓武天皇が、山河が襟帯して自然に城をなす形勝から、山城国に改称)に都を移しました。これが平安京の始まりです。
平安京遷都にあたって、桓武天皇は、風水学的に最高の吉相といわれる地相、「四神相応(ししんそうおう)の地」である山背国を選び、さらに中国の古典に詳しい高僧や陰陽師を集め、風水のあらゆる知識を総動員して都造りをしたといわれています。

鴨川

「四神相応」の「四神」とは、東西南北の四方を守護するとされる聖獣のことで、青龍(せいりゅう)、白虎(びゃっこ)、 朱雀(すざく)、玄武(げんぶ)のことを指し、それぞれ特徴のある土地に棲むといわれています。その特徴を説明すると下記のようになります。

:青龍 … 豊かな川の流れがある
西:白虎 … 大きな道があり交通の便がよい
:朱雀 … 広大な平野や海があり視界が開けている
:玄武 … 山や丘陵がある


これが京都のどの部分に該当するかと言うと、

:青龍 = 鴨川
西:白虎 = 山陽道・山陰道
:朱雀 = 巨椋池 (おぐらいけ:今は埋め立てられて存在しない)
:玄武 = 船岡山・鞍馬山


京都盆地は、北にそびえる船岡山・鞍馬山、東に鴨川、南に巨椋池、西に山陽道・山陰道などがそろったまさに理想の地相であったのです。
平安京のほかにも、鎌倉・江戸は「四神相応」の地で風水を取り入れて作られたといわれており長く栄えました。一方、豊臣秀吉は大阪に風水を導入しなかったので、短命に終わったとも言われています。

朱雀大路は今の千本通に重なり、この朱雀大路をはさんで大内裏から見て右手側を右京、左手側を左京と呼びました。現在の地図で言えば、右側が左京、左側が右京になります。現在の中心、烏丸通からずれているのは、時代とともに都の中心が東にずれてきたためです。そして、羅城門から東に200mのところに東寺が、西に200mのところに西寺が建設されました。両寺は国家鎮護を願って平安京建都とともに建立されましたが、現在も残るのは東寺だけです。そして、東寺には、京都の象徴のひとつにもなっている五重塔があります。京都風水のロゴマークにはこの平安京を象った落款があしらわれています。